発達障害・学習障害・ADHD・不登校のお子さまへの指導、サポート・学習塾

学校法人三幸学園
受付時間 : 月~金 12:00~20:30 0120-791-312
【無料】体験授業/資料請求お申込みはこちらから

2016年11月29日掲載 カテゴリー:

【国語】読み書きのつまずき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

読み書きって難しい!

読んだり書いたりすることに難しさを感じるのはどうしてなのでしょうか。同じようなつまずきに見えても、人によって全く違う理由があるかもしれません。同じ問題でも人それぞれ物事の理解の仕方や解決の仕方が違ってきます。その人が文字をどう捉えているのかが、読み書きができるようになる方法を探る大きな手がかりになります。

段階的に学習する「読む」

「読む」ことはいくつかの段階に分けられます。まずは一文字を読むこと。手のひらサイズのカードに書かれた文字を、見てすぐに声に出して読む練習があります。反射的に反応することを目指すものです。何度も繰り返すことが必要です。目からの刺激と音の刺激を繋げることで、素早く読むことが少しずつ楽になってきます。
次は短い単語を読む練習です。一文字ずつ「み・か・ん」と読むのではなく、「みかん」と一つの繋がった形として覚えて声に出しましょう。単語と一緒にイラストを提示することで、単語をイラストに変換してから音声で出すこともできるようになります。「みかん」「やかん」というように、一文字置き換えた単語を集め、素早く読めるように単語を増やしていきましょう。
その次は文章です。文章を正確に間違えずに読もうとしても、読み飛ばしや読み誤りが起こることがあります。「~しましょう」「~しました」などの文末表現を最後まで読むことなく思い込みで読んでいたり、「つくし」「くつ」など形の似た単語を入れ替えて読んでしまうこともあります。指で示しながら読むようにすることで、読み飛ばしや読み誤りを防ぐヒントにもなります。

線と線の関係性を捉えて「書く」

「書く」ことが難しい場合、まず平仮名からではなく、平仮名を分解して縦線や横線などの練習から始めましょう。文字の形は線と線との位置関係からできています。上下の関係や左右の関係、中心からのバランス、並行や垂直、交差などそれぞれの線同士が関係しあって一つの文字を作っています。そのためまずは一つの線を引く練習、丸いグルグルの線を書く練習、またそれができるようになればバッテンなど交差した線同士を書く練習をしていきましょう。

読み書きを習得しやすい方法は人それぞれ

画一的な方法で何度も繰り返すよりも、物事の捉え方を意識した学習方法を提案していくことで、読み書きはずいぶん習得しやすくなります。重要なことは、成果を細かく本人に伝えることです。「わ」と「ね」などの似た文字を書く際には、違いが分かりやすいように書き分けることを目標にします。まずは「見比べる」ことで正しい文字を認識し、似た文字の違いに気づくようにしていきましょう。学習時には今できたこと、今日できるようになったことをその都度わかりやすく本人に伝える必要があります。そうすることで何が大切なのかがわかり、最終的な目標に近づいていくことを目指せるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

  • 2016年12月28日

    親として受験当日に子どもと接するときの心構え

    子どもが感じているプレッシャーは想像以上!   ただでさえ緊張する高校受験。中には受験自体が初めてで、人生の一大イベントのように感じる子もいるでしょう。見通しを立てるのが苦手な子など...
  • 2016年12月28日

    学習障害があっても受験を乗り越えるために ―学習塾はどう選ぶ?―

    家庭学習だけでは大変?   受験対策は志望校に合わせた勉強のほかに、志望校を決めるための情報収集など、しなければならないことがたくさんあります。直前期になれば、提出書類の準備や面接対...
  • 2016年11月30日

    特別支援学校高等部を選ぶ

    中学校卒業後の進路選択 中学校卒業後の進路には様々なものがあります。高等学校への進学、就職、通信制や夜間制への進学、高等学校卒業認定は得られない学校への進学などです。最近はその選択肢の一つに特別支援...
  • 2016年11月30日

    学力不振、不登校、高等学校への進学

    高等学校への進学を考える 中学生にとって、また中学生がいる保護者にとって何よりも気になるのは高等学校への進学でしょう。どのような進路を選ぶのかによって、その先の人生が大きく変わってしまう、大きな選択...
  • 2016年12月28日

    ADHD 特性に応じた勉強法 【不注意優勢タイプ/多動・衝動性優勢タイプ】

    ADHDの特性に合わせた勉強法を取り入れよう   ADHDと一口に言っても障害特性は子どもによってさまざま。一般的には「不注意優勢型」「多動性・衝動性優勢型」に分けられると考えられて...
  • 2016年12月28日

    発達障害をもつ子どもの受験に向けて親としてできること

    進路についての情報収集がポイント   中学校までと比べて、高校の選択肢はずっと多くなります。どの学校に進学するのがよいか考えるうえで、まずは選択肢を知り、学校の情報収集をすることが大...
  • 2016年12月28日

    学習障害の特性に応じた受験対策

    学習障害の症状ごとに適した学習方法がある   学習障害(LD)は、脳の器質的な問題で、知的には問題がなくても特定の分野の学習だけに困難さが生じる障害です。症状は人によってさまざまです...
  • 2016年11月29日

    特別支援学校への就学

    いよいよ小学生 お子さんが小学校に入学するときに、「やっぱり地域の小学校じゃ無理かな」と悩むことがありますね。就学先の決定で大切なことは「やっていけるか?」ではなく「よりよく成長できるか?」を考える...

コラム一覧ページに戻る

コラム検索

カテゴリー一覧

バックナンバー

体験教室・ご入会のお問い合わせはこちら

学習支援こどもみらい園では無料体験を受付中です!
ご興味があればぜひご参加ください。その他、さまざまなイベントの情報もご紹介いたします。

0120-791-312 受付時間 月~金  12:00~18:30
メールフォームでのお申し込みはこちら