発達障害・学習障害・ADHD・不登校のお子さまへの指導、サポート・学習塾

学校法人三幸学園
受付時間 : 月~金 12:00~20:30 0120-791-312
【無料】体験授業/資料請求お申込みはこちらから

2016年12月28日掲載 カテゴリー:

親として受験当日に子どもと接するときの心構え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもが感じているプレッシャーは想像以上!

 

ただでさえ緊張する高校受験。中には受験自体が初めてで、人生の一大イベントのように感じる子もいるでしょう。見通しを立てるのが苦手な子などは、受験というだけで精神的な負担になっています。子供によっては、抱えているプレッシャーは保護者の想像をはるかに超えるものです。一番避けたいのは、当日になって受験を拒否すること。そうならないために、親ができることや親の心がけを考えてみましょう。

前日は準備万端に!

 

受験前日に夜遅くまで勉強をしたとしても、あまり良いことはありません。それよりも、前日は受験当日の準備を万全にすることを心がけ、あとは親子ともにゆったりと過ごすのがおすすめです。持ち物などを揃え、当日の流れをシミュレーションしておくと見通しが立って良いでしょう。今まで頑張って準備してきたことをねぎらい、好きなご飯などを作ってあげるなど、子どものモチベーションをあげることが大切です。夜はできるだけ早めの就寝を心がけてください。

 

当日の持ち物チェックや対応確認

 

前日に持ち物を準備していたとしても、受験当日には再度保護者が持ち物を最終確認してあげた方が良いでしょう。万が一忘れ物などがあると、それだけで気分が不安定になることもあり、受験に集中できなくなってしまうかもしれません。また、「わからない問題はとばしてよい」「困ったら手を挙げて試験官を呼ぶ」など試験中の基本的な対応を伝えておくのも役に立ちます。パニックなどがある場合は、対応策を話しておきましょう。

 

学校まで送迎するのもおすすめ

 

「知らないところに一人で行く」というのは、子どもにとっても親にとっても不安なものです。発達障害があると、何か予定と違うことがあったときに対応できず、受験に行けなくなることも考えられます。子どもが嫌がって不安定になるなど、よっぽどの理由がない限り、受験校まで送ってあげるのがおすすめです。学校によっては、保護者が待機する場所を設けてくれていることもあります。

 

声かけは子どもに合わせて

 

受験を控えた子どもへの声かけは、慎重に行いましょう。基本的には、「これまで頑張ってきたから大丈夫」「無理せずできることをやればよい」など前向きな言葉をかけてあげることが大切です。子どもには「失敗したらどうしよう」というプレッシャーや不安があるので、保護者は「失敗しても大丈夫」くらいにどんと構えているようにしましょう。もちろん保護者も不安でしょうが、それを子どもに見せないことがポイントです。ただし、言葉の受け取り方は子どもによって違います。それぞれに合った言葉を選んで声をかけてあげてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

  • 2016年11月30日

    特別支援学校高等部を選ぶ

    中学校卒業後の進路選択 中学校卒業後の進路には様々なものがあります。高等学校への進学、就職、通信制や夜間制への進学、高等学校卒業認定は得られない学校への進学などです。最近はその選択肢の一つに特別支援...
  • 2016年11月29日

    特別支援学校への就学

    いよいよ小学生 お子さんが小学校に入学するときに、「やっぱり地域の小学校じゃ無理かな」と悩むことがありますね。就学先の決定で大切なことは「やっていけるか?」ではなく「よりよく成長できるか?」を考える...
  • 2016年12月28日

    発達障害をもつ子どもの受験に向けて親としてできること

    進路についての情報収集がポイント   中学校までと比べて、高校の選択肢はずっと多くなります。どの学校に進学するのがよいか考えるうえで、まずは選択肢を知り、学校の情報収集をすることが大...
  • 2016年11月29日

    【国語】効率的に漢字を覚えるために

    効率的に漢字を覚える 国語を勉強していくと、どんどん覚えるべき漢字が増えます。より複雑な形にもなってきます。小学校だけでも1000字を超える漢字を学習します。漢字を覚えることが難しい子どもたちにとっ...
  • 2016年10月31日

    【算数・数学】文章問題の間違い分析

    (1) 文章問題を解くのに必要な能力分析 算数の学習の中で、文章問題は苦手な子どもも多く、なんとかしなければと思われるケースが多いと思います。 しかし、文章問題の支援はなかなか効果が上がらないこと...
  • 2016年12月28日

    学習障害があっても受験を乗り越えるために ―学習塾はどう選ぶ?―

    家庭学習だけでは大変?   受験対策は志望校に合わせた勉強のほかに、志望校を決めるための情報収集など、しなければならないことがたくさんあります。直前期になれば、提出書類の準備や面接対...
  • 2016年11月29日

    【国語】読み書きのつまずき

    読み書きって難しい! 読んだり書いたりすることに難しさを感じるのはどうしてなのでしょうか。同じようなつまずきに見えても、人によって全く違う理由があるかもしれません。同じ問題でも人それぞれ物事の理解の...
  • 2016年12月28日

    学習障害の特性に応じた受験対策

    学習障害の症状ごとに適した学習方法がある   学習障害(LD)は、脳の器質的な問題で、知的には問題がなくても特定の分野の学習だけに困難さが生じる障害です。症状は人によってさまざまです...

コラム一覧ページに戻る

コラム検索

カテゴリー一覧

バックナンバー

体験教室・ご入会のお問い合わせはこちら

学習支援こどもみらい園では無料体験を受付中です!
ご興味があればぜひご参加ください。その他、さまざまなイベントの情報もご紹介いたします。

0120-791-312 受付時間 月~金  12:00~18:30
メールフォームでのお申し込みはこちら